top of page
Search
  • Writer's picturePOSSESSED SHOE.CO

POSSESSED SHOE 2023年


昨年末BLOGを更新しようと思っていたのに、既に2023年になって2ヶ月が経とうとしています。



2022年嬉しかった事の1つ、ドイツでプールコーピングを作っているPUDI'S POOL COPINGSから「こんなの作ったよ!」と送られて来た写真。光るコーピング!こんなのがドイツのどこかのボウルに設置されているのかと思うと、実物も見てみたいしグラインドもしてみたいです。


去年POSSESSED SHOEは立ち上げ5周年を記念して色々なアーティスト、ブランドとコラボレーション企画を行いました。12月には30年以上前に在籍していたハードコアパンクバンド”FVK”の35周年ツアーにも参加させてもらいました。



12/11横浜FADで開催した”解放ギグ”でのFVKのライブ映像です。個人的にはツアーのライブで一番緊張した日でもありました。ありがたい事に本当に色々な人達が見に来てくれました。演奏が始まり、すぐ近くでFUUDOBRAINのTAKESHI SWEDENや着火舌朗さんが見ているのに気が付いてしまったライブはなかなか修行時間でした。TAKESHI SWEDENはFVKの前に一緒に活動していたSCUMBAGのオリジナルメンバーだし、ライブの主催、Rockey&TheSWEDENで共演でもお世話になり、今も何かと気に掛けてくれる仲間です。


2022年12月11日(日)

Fuüdobrain presents "解放ギグ" FVK 35TH TOUR 2022

F.A.D YOKOHAMA

出演

SxOxB

チャッカーズ

ROCKY&The SWEDEN

STAB 4 REASON

FVK



チャッカーズ 2022/12/11 F.A.D YOKOHAMAセットリスト


日本で一番好きなバンドの一つ、”チャッカーズ”と共演する事が出来るなんて思ってもみませんでした。これはライブ前に舌朗さんにお願いして、使ったセットリストは自分にくださいと強引に入手しました。聴く度に前回の作品やライブを超えてくるバンド、チャッカーズはDIYで活動するプロミュージシャンだと痛感します。楽曲、演奏のクオリティの高さは勿論、舌朗さんのLEGALIZEメッセージソングに込められたダブルミーニングの歌詞に感動します。3枚目のアルバム”日本収穫期到来”もリリースされたばかりなので聴いた事が無い人は是非一度聴いて欲しいです。



SxOxB 2022/12/11 F.A.D YOKOHAMAセットリスト


SxOxBのセットリストはベースのIMAIさん(KAZUHIRO IMAI)が毎回描いているとの事でした。実際に楽屋でIMAI画伯が描いているのを偶然見かけて衝撃を受け、こちらも無理を言ってコピーをいただきました。自分が高校生の時にSxOxBの1st EP "LEAVE ME ALONE"が発売され、その曲の速さにかなり影響されました。フリーペーパー”独立自由型”を読んでいただいたとの事で、1号目で書いたスケートパンクの記事に登場する公園のすり鉢状滑り台の話を聞かせていただきました。後日、何と、当時の写真まで送っていただきました。DOG TOWNのMALBAに乗ってエアーしてるIMAIさんは格好良かった!髪立てて革ジャン着てたし!SxOxBと言えば元メンバーのNAOTOさんがスケーターだったのは知っていましたが、IMAIさんとYASUEさんがスケートしていたのは知りませんでした。機会を見つけて関西のスケートパンクの話をもっと聞かせていただきたいです。


当日は本当に色々あったライブでしたが、この日は実に豪華なラインナップだったので大いに盛り上がりました。残念なのは自分が企画側だと、見たいから出ていただいたバンドのライブを全部見れないという事です。(笑) 自分も出演者だったし。是非お客さん側で見たいライブでした。現DUB 4 REASONのMASTER K氏には前身バンドSTAB 4 REASONを限定復活して一緒にツアーしてもらったし、最終日の大阪ライブを仕切ってくれたSHIGA CHANGが福岡のSTEP LIGHTLYをブッキングしてくれて、ツアー後半共演してもらう事も出来ました。岐阜のライブはSKULL SKATESとSIXTY SIXXとの共同企画で開催してもらえました。ずっとシーンに関わって来た人達だから出来る、好きな人には分かる企画、共演でした。来場してくれた皆様、ライブに関わってくれた皆々様本当にありがとうございました。このツアーの各会場のFVKの映像をPOSSESSED SHOEの Youtubeチャンネルにアップロードしています。




FVKへの参加はこの35周年ツアーだけの予定でしたが、先日CDをリリースしていただいたBREAK THE RECORDSの安藤社長からのオファーがあり、5月にもう1度だけ自分が参加してFVKのライブをやります。安藤氏はSYSTEMATIC DEATHのギタリストでもあります。FVKはBINGIのTAKEHISAがボーカルでこれからも活動する予定です。今後は2000年代前半以降演奏していたROOTS ROCK REGGAEとHARD CORE PUNKをメリハリ良く演奏するスタイルに戻すべく、(オンタイムで自分はライブを見た事はありません。2010年頃の映像を見せてもらいましたが、お世辞抜きで物凄く勢いのある良い演奏をしてました。)ツアー後、既にメンバーチェンジも行っています。5月の泣きの一回ライブにはパワーアップしたFVKで臨みます。詳細決まり次第、告知します。



2023年POSSESSED SHOEはよりスケートボードに特化したシューズ作りを目指していきます。勿論ブランドのコンセプトである、どんなスタイルにも合わせられる、飽きの来ないシューズデザインは変わりません。




POSSESSED SHOEはスケートボードに乗っている感覚を足の裏で感じられるヴァルカナイズド製法で作られているシューズです。靴全体に柔らかさを求める為、耐久性の強化は非常に難しい課題でもあります。デザインも重視したいのでシンプルな見た目を変える事もしたくありません。そこでアッパーとソールの見えない部分をメインにマイナーチェンジする事での性能と耐久性の向上が出来ないか考案しました。現在もサンプルをテストしています。激しいライディングテストはライダーのMARUとCAPYにお願いし、自分は軽いライディング、クルージングや歩行による靴の屈強試験を徹底して行っています。歩行試験では100km以上のテストでもソール(フォキシングテープ)屈曲部分に接着の剥がれや亀裂は全く見当たりませんでした。まだ更にテストは続行中なのでプロダクト詳細は3月に発表します。今年は新しい商品を6月と10月に発売します。


今年はイベント開催も考えています。3月にスケートイベント、春の間にツアー、秋には都内でイベントを考えています。詳細は決定次第、随時お知らせします。


最後になりますが”独立自由型3号”の制作を開始しました。6月配布予定です。


今更ながら2023年も宜しくお願いします。

421 views0 comments

Recent Posts

See All

Comments


bottom of page